医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

医療レーザー脱毛の施術を受けていて、赤みや火傷のような症状、ニキビや毛膿炎のような症状が出てしまった場合は、医療レーザー脱毛の施術を受けたことによる副作用かもしれません。
ひとによって、脱毛の施術を受けた後にそのような症状が出ることが多く、一時的に炎症が治まらないというケースが見られますが、施術を受けたクリニックで診察をうけて適切な処置をしてもらうことで短期間で解消する場合がほとんどです。
医療レーザー脱毛は、出力の高いレーザーを使って施術を行うことで毛根にダメージを与えて永久脱毛が出来ますので、まれに肌がダメージを受けることがありますが、出力の調整をしてもらうこともできますし、痛みの少ないレーザー機器もあります。

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

エステ脱毛に比べて照射威力が高く、短期間で部分脱毛や全身脱毛が完了出来る医療レーザー脱毛は、多くの女性に支持されている人気の美容施術ですが、事前にテスト照射などを行って施術を行うとは言え、デリケートゾーンの照射をする際には強い痛みを伴ってしまう恐れがあり、人によっては副作用として火傷を起こしてしまう場合も少なくありません。またクリニックによっては打ち漏れトラブルは少なくなっているとされていますが、施設によっては起こしてしまう場合もありますので、再照射を保証していたり施術後のアフターケアをきちんと行うクリニックを探すことが大切です。

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

医療レーザー脱毛には様々な噂や勘違いがあるのですが、その中のひとつに「医療レーザー脱毛後に汗の量が増える」というものがあります。
これは口コミでもいくつか散見されるものなのですが、実際には脱毛した事によって脇毛がなくなってしまったことによってワキ汗を感じやすくなっているだけなのです。そのためワキ汗が増えると言うわけではないので、ワキガになってしまう副作用があるという噂もありますがこちらも勘違いによるものだとされています。

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

医療レーザー脱毛をした後は肌にダメージが残っている状態なのでアフターケアを行うことがとても重要です。
まず脱毛当日はレーザーの熱で肌が軽いヤケド状態なのでお風呂の湯船や発汗するサウナには入らず、シャワーだけにしておきましょう。
いつもよりも肌が敏感になっており、少しの紫外線による日焼けもシミや炎症の原因になってしまいます。
日焼け対策を十分に行い、紫外線から肌を守るようお出かけの際には注意しましょう。
乾燥によるダメージも受けやすいので刺激の少ない保湿剤でケアも大切です。
毛穴周りが炎症してしまった場合は軟膏を塗ったり、冷やすなど対処してください。
これらの副作用は脱毛後はケアをしっかりすることで防げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です